kawadusakura

CULTURE

渋谷朝な朝な散歩 No.5 もうすぐ春本番!散歩に出よう

先日、葉山の友人の持つ畑にふきのとうを収穫しに行きました。もう春ですね。苦味の多い植物を口にすると、冬の間に身体のなかに澱のように溜まっていた何かが静かに洗い流されていくような気持ちになります。

今回の朝な朝な散歩は、代々木公園の「春」を見つける散歩になりました。

最初の開花は葉のない木から・・・の不思議

わたしは春の花が好きです。秋にすっかり葉を落として冬を越えたまっさらな枝に、ポツポツと蕾が成長し始め、ひとつふたつと開花しながら春の訪れを教えてくれます。サクラの花の最初のひとつが開花しているのを見つけると、なんともいえない喜びが身体の中を走るような気がしませんか。

代々木公園に到着すると、春を迎えた木々たちが出迎えてくれました。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_bdf2

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_bdc7
わー春だわーと上を見上げて歩いていて、ふとあることに気がつきました。春のはじめに花をつける樹木といえば、写真の黄色い花サンシュユや、ハクモクレン(2枚目)、サクラ、コブシ、ウメ、モモ、などなど。春の樹木を思い浮かべてみると、「まず花が咲いてから葉が出てくる」という共通点があったのです。サクラなんて、葉が出てきたら「葉桜だねえ」なんて、少しがっかりしてしまうもの。どうして春のはじめの樹木は葉よりも先に花を咲かせるのか、気になったので調べてみると、「日本植物生理学会」のホームページになんとわたしと同じ疑問を専門家に聞いているページがありました!

「桜や梅の樹は、なぜ先に生殖器官である花が咲き、後から栄養器官である葉が生えるのか。」という、花を生殖器官として捉え、葉を栄養器官として考えている、わたしの疑問に比べるとなんとも知的な質問です。その回答を読んでみると「何故かはよくわかっていない」ということらしいのですが、回答の冒頭にこんな表現がありました。

「野山で観察すると、同じサクラでも葉の展開とほぼ同時に花が咲くものや葉の後で花が咲くものなど、いろいろあるようです。」

なんと!葉よりも先に花、の代表格だと思っていたサクラも、花が先とは限らない、と書いてあったのです。もしかしたら、春には葉よりも先に花をつける樹木が多い、のではなく、葉よりも先に花をつける樹木を春の代名詞として愛でている、ということなのかもしれません。そういえば、サクラといえばソメイヨシノ、一本のソメイヨシノのクローンが、日本中の花見文化を作ったのでした。

公園や、庭や、人工的に作られた様々な場所では、四季を感じることができるように樹木を配置するのでしょう。春の訪れを知らせてくれる鮮やかな花が、先人たちの春への喜びを表現するために選ばれてきた木々なのだと思うと、それを同じように愛でる現代のわたしたちにもそのDNAが受け継がれているように感じられて、不思議な気持ちになりました。

目線を下げてみると、そこは春爛漫でした

サンシュユやハクモクレンを見上げながら歩き、少し目線を下げてみると、ドッグランの奥に花畑が見えました。そこはまさに春爛漫!近づいてみると、自然に生えてきた植物から、植えられた植物まで、とにかくカラフルな草花が虫たちを引き寄せながら陽の光を浴びていました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_be94

中央に大きな芝生の広場がある代々木公園、広場だけ見ると緑一色ですが、芝生広場を囲むように色とりどりの四季が感じられるように考えられているのだなあと思います。ジョギングをする人、ヨガをする人、犬を連れている人、ベンチに座る人、公園を使う目的はさまざまですが、春になって公園を利用する人の全体的な人数がぐっと増えていることも印象的でした。人間も、動物ですね。

さて、下を向いて歩いていると、食べられる草も発見しました。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_bdef

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_bdea

一枚目の写真はノビル、二枚目はハコベ(ハコベラ)です。ノビルは根元に縦に縞模様のある、スッと伸びた細い葉が特徴で葉は細ネギ、根っこの部分の丸い膨らみを食べるとエシャロットのような味がします。ハコベは春の七草にも入っている植物ですね。他にも、ヨモギなんかも生えていました。犬の散歩も多い公園なので、そのまま食べるというわけにはいきませんが、食べられる野草探しというのも大きな自然豊かな公園での楽しみのひとつなのではないでしょうか。
昨年春には子どもが遠足で取ってきたノビルで色々な料理も楽しみましたよ!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_a03f

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_a037

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_a2ff

適度な運動と新鮮な空気で心身リフレッシュしよう

春の代々木公園はいかがでしたか。昨今のさまざまな事情で心身が疲れている方も多いと思います。ウイルスへの感染は、密閉された室内よりも開放的な外にいた方がリスクが少ないそうです。軽い運動は心身を健やかに保つコツでもあります。近くの自然へお散歩、いかがですか。

得原藍(えはら・あい)

aiehara理学療法士/一般社団法人 School of Movement ディレクター。
子育てしながら運動科学の専門家として、身体と環境と生活の関係を考える日々を送る。
たのしいマイニチのために人生編集中。
TEXT aiehara’s web

ピックアップ記事

  1. SHIBUYA×CLOTHING No.7 自分たちにしかできないものを作る グ…
  2. SHIBUYA×CLOTHING MOVIE No.5 メイドインジャパンを守り…
  3. SHIBUYA×CLOTHING No.5 メイドインジャパンを守りたい 着る人…
  4. SHIBUYA×CLOTHING MOVIE No.1 洗練されているのに洗える…
  5. SHIBUYA×CLOTHING No.4 10人のうち1人が好きになってくれれ…

関連記事

  1. meditate-1851165_1920

    CULTURE

    渋谷ヨガ散歩 No.3 気になる「I POWER 瞑想」って何!?

    iナントカと言われると、iPhone に iPad そしてiMac 的…

  2. IMGP0429

    CULTURE

    シブヤ鉄道散歩 No.1 旧東横線地上区間を歩く

    はじめてシブヤ散歩新聞に投稿する、たいちです。現在、都内に住む中学生で…

  3. IMG-5684

    CULTURE

    渋谷子育てママ散歩No.15 創業昭和43年家族経営の中華料理「天宝」〈後編〉

    代々引き継いでいるものを大事にしている、中華料理「天宝」昭和43年…

  4. Main

    CULTURE

    渋谷FIT散歩 No.2 突然の閉鎖にショック…穴場だったボルダリングスポット

    「本当は教えたくない!穴場なボルダリングスポット」として、ここで紹介し…

  5. IMG_5077

    CULTURE

    シブヤまちづくり散歩 No.8 「渋谷の未来を描くワークショップ ーセッション③未来像を共有するー」…

    シブヤまちづくり散歩とは未来のシブヤはどんな街? 渋谷区では、様々…

  6. cafeyoga1

    CULTURE

    渋谷ヨガ散歩 No.2 パンケーキも最高 美味しいカフェヨガ!

    おしゃれなカフェで朝ヨガ、そしてみんなで楽しくブランチ♪ そんな素敵な…

  1. 眞田忠弘

    HEALTH

    渋谷かんばん娘・かんばん息子散歩No.14 治療家・経営者 眞田 忠弘さん(FU…
  2. IMG-7678

    CULTURE

    渋谷子育てママ散歩No.16 渋谷の憩いの場「ミヤシタパーク」
  3. IMG_6366

    GOURMET

    渋谷スイーツ散歩No.4 1個3,000円のフルーツサンドのお店は、値段も味…
  4. #さくら横ちょう(アイキャッチ)

    CULTURE

    渋谷坂散歩 No. 10 「桜横町」と「さくら横ちょう」
  5. IMG_5647

    CULTURE

    シブヤ忍者散歩No.4 「世界一おいしい忍者メシ」を求めて中目黒に出没!の巻<後…
PAGE TOP