IMG_20160728_133624

CULTURE

渋谷レジェンド散歩No.6 江戸の粋を現在に伝える、小さな扇子の豊かな世界(後編)

渋谷レジェンド散歩とは
渋谷の街で、数十年。人々に愛され続けた歴史を誇るお店や会社をご紹介するのが、「渋谷レジェンド散歩」です。渋谷といえば「若者の街」といわれますが、実は、長きにわたって活躍している人や商品、サービスがたくさんあります。そんな渋谷の意外性ある魅力をお届けしていきます。

扇子を中心とした日本舞踊の小道具専門店「宝扇堂」は、東急百貨店本店の近く、「百軒店」と呼ばれていたエリアにあります。50年前からこの地で街の変貌を見続けている社長の福島さんに、渋谷の街の今昔、また、日本舞踊の世界の変化とそこに関わる宝扇堂さんとしての今後の展望について伺いました。

「若者の街」になった渋谷

IMGP2192
宝扇堂は、もともと浅草で300年以上続いたお店です。浅草から渋谷に移転したのは今から50年前。高度経済成長期がひと区切りを迎えた頃です。

「渋谷に移転したのは、先代の直感だったと思います。当時の繁華街といえば、上野や浅草ですが、渋谷がいちばん、伸び代があると判断したのでしょう。」と福島さん。

田園都市線沿線を中心とした宅地開発が行われ、東急百貨店本店がオープンしたのもこの頃のこと。ちょうど、渋谷の街がどんどん変わり始める時期だったのでしょう。まだ少年だった福島さんの目に、渋谷の街はどんな風に映っていたのでしょうか。

「当時、この辺りには小さいお店がたくさん集まっていました。パン屋やおもちゃ屋、本屋、薬屋、花屋・・・ほんとうに普通の商店街でした。ビルなんかなくて、みんなどこも平屋でしたしね」

やがてSHIBUYA109がオープンし、渋谷はすっかり若者の街になりました。また、近年では、日本文化の発信地として、外国人観光客も多く訪れています。宝扇堂のお店の前は、現在ホテルを建設中とのこと。オープンすれば、また人の流れが変わりそうです。

「そうした流れの中で、新しいお客様と出会えるのも嬉しいことですね。」

日本舞踊を、日本文化を支えていくために

IMGP2212
その一方で、「うちの主軸はあくまで日本舞踊をやっているお客様です」と、福島さんは続けます。

「日本舞踊を子どもの頃からしっかり稽古して、後世に伝えていこうと命をかけてやってらっしゃる方がたくさんいます。そういう方たちの活動を支えていくことを、一番大切にしています」とのこと。

少子高齢化に伴い、日本舞踊を始める子ども自体もどんどん少なくなってきているのだそうです。
「実際、ちょっと敷居も高いですよね。お金がかかるんじゃないかとか、先生厳しいんじゃないかとか。」と福島さん。たしかに他の習い事に比べて、敷居が高い感じがします。同じ踊りでも、むしろダンスやバレエの方が身近になっているような感もあります。そんな現状についても、福島さんは思いを語ります。

「日本文化をもっと知ってもらいたいんです。実際、扇子の開き方だって、知らないという人はたくさんいます。せっかく自分の国にいいものがあるのに、それではあまりにもったいない」

近年、学校教育の中にも和文化を学ぶカリキュラムが導入されるようになってきています。福島さんは、そうした和文化体験の授業に扇子を提供しているのだそうです。

「他にも、日本舞踊や和文化に関するコンクールに協賛したり、協力したりさせていただいています。草の根活動なんですけれども、こうやって伝統を守っていく努力は、今後もしていきたいですね。」

実はこんなに面白い日本舞踊

IMGP2218
日本舞踊を習うことの良さについて、伺ってみました。

「子どもの頃からお年寄りになるまで、楽しみながら長くできるんですよね。そういう趣味って案外ないと思うんです」と福島さんは言います。気になる費用の面も、実は、
「お金持ちだけがやっている、ということは全然ありません。いろんな方がいますよ。」とのこと。時代劇での所作や和装を学ぶために、役者さんの卵が日本舞踊を習うこともあるのだそうです。

「扇子もですが、刀の扱い方、足さばき・・・踊りの中にいろいろな所作がすべて詰まっています。着物を着ないと始まらないので、着付けだってできるようになる。着付けだけを習いに行くよりも、所作も身につくし、一石二鳥ですよ。」

動画を見ながら浴衣をどうにかこうにか着付け、夏祭りに出かけるのもそれはそれで楽しいものですが、きりっと着こなせて、所作まで美しくなったら、もっと楽しめそうです。和文化に「触れる」だけにとどまらず、自分の一部として身につけていけることの良さが、日本舞踊をはじめとした和の習い事の中にはあるのかもしれません。

「若い人が多かったり年配の方が多かったりと、お教室によって雰囲気も違います。お店に来ていただいたら、そんなこともお伝えできますよ」と福島さんから心強いお言葉をいただきました。
和のお稽古事に興味がある、長く楽しめる趣味を始めたい・・・そんな方に、日本舞踊おすすめです! 気になるかたは、ぜひいちど宝扇堂さんでお話を聞いてみてくださいね。

【店舗情報】
宝扇堂
東京都渋谷区道玄坂2丁目25−3
TEL/03-3462-1263
営業日/月曜日〜土曜日
営業時間/10:00~18:00
(営業時間は日によって異なることがあります。ご来店前にお問い合わせください)
オンラインショップ 渋谷寶扇堂
https://housendou.shop-pro.jp/

ピックアップ記事

  1. SHIBUYA×CLOTHING MOVIE No.5 メイドインジャパンを守り…
  2. SHIBUYA×CLOTHING MOVIE No.1 洗練されているのに洗える…
  3. SHIBUYA×CLOTHING No.5 メイドインジャパンを守りたい 着る人…
  4. SHIBUYA×CLOTHING MOVIE No.2 元SEの女性がつくった、…
  5. SHIBUYA×CLOTHING No.6 コンセプトは、「友達に着てほしい服」…

関連記事

  1. DSC09513

    CULTURE

    渋谷イベント散歩No.11 グラン・ケータリング”Mo:take”体験会 五…

    パーティーや会社の懇親会などで人気急上昇中! 目にも舌にも美味しいケー…

  2. IMG_3553

    CULTURE

    早起きした休日、朝食から楽しめる渋谷散歩コース

    渋谷といえばランチからのイメージがあると思いますが、「モーニング」をや…

  3. IMG_0121

    CULTURE

    シブヤまちづくり散歩No.2 子どもたちの声から街の未来をつくるワークショップー原宿ー 

    シブヤまちづくり散歩とは未来のシブヤはどんな街? 渋谷区では、様々…

  4. M-aロゴ

    CULTURE

    ササハタハツ散歩 No.16 幡ヶ谷駅のまわりで「ほっこり休憩スポット」を見つけるお散歩

    お散歩といえば、ただひたすら歩くだけでなく、途中にあるお気に入りのスポ…

  5. 道玄坂下標柱

    CULTURE

    渋谷坂散歩 No.1道玄坂 名前の由来は山賊だった!?

    渋谷区の地形は起伏に富んでいるため、区内には多くの坂があり、名前がつい…

  6. IMG_2831

    CULTURE

    渋谷New Open Shop散歩 No.1 マルシェ? レストラン? ホテル? 斬新すぎるアンテ…

    こんにちは! シブヤ散歩新聞・編集長の界外(かいげ)です。みな…

  1. No.11・域隼螳夲シ会シソ隨ケ蝪壼香蜿キ蝮ょ膚蠎苓。・M-c繝ュ繧エ

    CULTURE

    ササハタハツ散歩 No.11 笹塚十号坂商店街で、手土産にぴったりな「笹塚名物」…
  2. セルフ美容鍼

    BEAUTY

    渋谷ヘルスケア散歩 No.4 セルフ美容鍼でスッキリ改善!むくみケア!!
  3. ロゴ

    GOURMET

    渋谷パン散歩 No.2代官山・恵比寿編 ガーデンハウス クラフツ
  4. 写真 21

    CULTURE

    裸足のランナーとシブヤを走る! 後編:ランニングを街を知る手段のひとつに!
  5. Mogumogunews_257_2

    GOURMET

    台湾料理と言えば?密かなブームのあのメニューあり〼
PAGE TOP