DSC09513

CULTURE

渋谷イベント散歩No.11 グラン・ケータリング”Mo:take”体験会 五感を刺激!笑顔が溢れるユニークなケータリング

パーティーや会社の懇親会などで人気急上昇中! 目にも舌にも美味しいケータリングサービスが体験できる! と聞いてやってきました。

その名も「グラン・ケータリング ”Mo:take(モッテイク)”」。

Mo:take」は、料理はもちろんテーブルコーディネートまで、食の空間を華やかに演出してくれるサービスです。

DSC09481

この日の目玉は、4つのケータリングメニュー。

動物バーグ」「野菜の水槽」「食べられる土」「野菜の庭」。

えっと、どういうことだろう……? と思いながら会場に向かいました。

五感で楽しめるユニークなケータリング!

4つの目玉メニューのうち、まずは「動物バーグ」を体験。

IMG_8331

みんな大好きハンバーグ! でもこのハンバーグは一味もふた味も違います。

だって、使っているお肉はなんと、ウシ・ヒツジ・シカ・イノシシ!

ウシ・ヒツジはともかく、シカ・イノシシはなかなか食べられないですよね。ハンバーグを取ると、使われているお肉の動物さんがひょっこり顔を覗かせます。(写真でシカとヒツジが顔を覗かせているのは、この時すでに食べられていたからですね。)

私はイノシシをチョイス。ワイルドだけれど、思ったよりも食べやすくて美味しい。「どれにしよっかな〜」「え〜っ!シカってこんな味なの〜?」なんて会話だけで楽しくなりそうな、エンターテイメント性に溢れたメニューですね。

 

お次は「食べられる土」。

IMG_8336

はい、どこからどう見ても、土と野菜……。畑で収穫している雰囲気満点です。

「土を野菜につけながら食べてください」と促され、ドキドキしながら口にすると……お、おいしい!

土に見える茶色のものは、フレーク状のドレッシングといったところでしょうか。この土の正体は、ツナや黒オリーブなどというから、なるほどびっくり。

来場者の方々も、「本当に食べられるの!?」「大丈夫かな〜」なんて会話をしながら笑顔が漏れていました。

 

お次は「野菜の水槽」。

DSC00054

塩分濃度を調整した冷水に「水漬け」されたという、カラフルな野菜たち。ドレッシングやディップなどはつけず、そのままでいただきます。

特に驚いたのは、ケールのパリッと感と、さわやかな後味。ケールといえば青汁ですよね。苦いはずだし、生の青菜はしなびてしまいそうなのに、その予想は大外れ。「水漬け」のおかげで、時間が経ってもパリッと感が保たれ、苦みやえぐみもなくなるそうです。

生野菜とも漬物とも違う、野菜の新しい食べ方を知りました。

 

そして最後は、Mo:take定番の人気メニュー「野菜の庭」。

DSC09461

10種類以上の野菜たちが、テーブルいっぱいに踊るように並べられていました。ケータリングでは脇役になりがちなサラダが、主役級の存在感です。

唐揚げ・コロッケなど、揚げ物オンパレードで、お腹がもたれる……。使い捨て容器に入っていて、なんだか見た目も味気ない……。そんなケータリングのイメージが覆されました。なんと言っても、ケータリングでこんなに野菜がたっぷり食べられるなんて、嬉しい限りです。

 

この日は、4つの目玉以外にも、柚子胡椒と明太子で調味した根菜の煮物や、バターたっぷりのマッシュポテトを生ハムで巻いたイタリアン団子など、ひねりの効いたメニューがたくさん。来場者の皆さんが、嬉しそうに頬張っていたのが印象的でした。

DSC09470

これだけ遊び心や驚きの体験が盛り込まれ、五感で楽しめるユニークなケータリングは、他ではなかなか体験できないのではないでしょうか。

いわゆる “インスタ映え” もするので、来場者を喜ばせたいイベントなどの時にはうってつけのサービスですね。

利用シーンに合わせてテーブルコーディネートまでトータルで提案

この豪華な食の空間を演出してくれるのは、株式会社Yuinchu(ユインチュ)。レンタルスペース事業を軸にサービスを展開し始め、ケータリング事業で近年ますます勢いを増している会社です。

ケータリングは、企業の懇親会やイベント、ホームパーティーなど、様々なシーンで利用されています。ただケータリングメニューを届けるのではなく、テーブルセッティングまで行ってくれるのが、Mo:takeの一番の強み。しかも、利用されるシーンに合わせたメニュー&コーディネートを提案してくれます。

IMG_8335

お料理だけでなく、こんな風にテーブル2つくらいあれば、どこにでも持って行けます、とのこと。さすが「モッテイク」!

 

メニュー開発を手がける坂本 英文(サカモト ヒデフミ)さんに、これまでで印象的だったメニュー開発話を伺ってみました。

「建築事務所のイベントでケータリングを依頼された時は、『ホワイト』がテーマでした。お皿を白いキャンバスに見立てて、絵の具で絵を描くイメージで、赤・青・黄色などカラフルなソースを用意しました。皆さんとても楽しそうに自分のお皿に取りながら食べてくださっていたようです。」

「会社の懇親会で、もっと社員同士の仲を深めたいという要望があった時は、テーブルコーディネートから一緒にやってもらいました。どうやってセッティングしようかなど、一緒に考えながら手を動かすことで、交流が深められるいい体験ができたと喜んでもらえましたよ。」

DSC09505

ケータリングをお願いする時は、こうして会の趣旨や要望を細かくヒアリングしてくれた上で、プランを一緒に考えてくれるそう。予算や趣旨に合わせて作り出されるメニューは、唯一無二! オリジナリティ溢れる会にしたい方には、なんとも頼もしいサービスです。

人が集まるところには、目にも舌にも美味しい食の体験が必要!

株式会社Yuinchu(ユインチュ)の代表取締役である小野 正視(オノ タダシ)さんに、ケータリング事業を始めたきっかけを伺いました。

IMG_8342(写真左:メニュー開発を行う坂本さん 写真右:代表取締役の小野さん)

「レンタルスペース事業をずっとやっていたのですが、人が集まるところには、食の体験だと気づきました。でも、ケータリングを頼んでも、なかなか美味しいと思えるものに出会えなくて……。だったら自分たちでやろうと思ったのです。その時に、一緒にレンタルスペース事業をやっていた坂本が元シェフだったことを初めて知ったのです。料理に携わっていたからこそ、まずいものは提供したくない、他では体験できないものを提供したい、というこだわりは人一倍。彼が納得する形にするまで試行錯誤を重ねました。でもそのおかげで、メニューも進化し続けています。」

きっとこれからも、ドキドキ、ワクワクするような食の体験を、どんどん展開してくれそう。これからが楽しみです!

レンタルスペースは、セミナー・会議やパーティーにも使える

今回の体験会が行われたのは、株式会社Yuinchu(ユインチュ)のレンタルスペース・撮影スタジオ「GOBLIN. 原宿店 -ROADSIDE」(原宿駅から徒歩6分・北参道駅から徒歩7分ほど)。コンクリート打ちっ放しの壁で囲まれたおしゃれな空間に太陽の光が注ぎ込む、とても気持ちのいい場所でした。

DSC03697

普段は、アパレルメーカーの展示会や撮影などでよく使われているそうです。道路面に対してサッシを大きく開くことができるため、多くの人を呼び込むイベントにうってつけ! その他、セミナー・会議やパーティーなどにも利用できるとのことなので、こちらもぜひチェックしてみてください。「GOBLIN.」はこの場所以外にも、渋谷・原宿・千駄ヶ谷エリアに12件のレンタルスペースを展開中です。(2018年5月現在)

DSC05756

仲間うちのパーティーや会社の懇親会の幹事を任されたけれど、普通に済ませたくない……。「やるじゃん!」って一目置かれたい……。そんな方は「GOBLIN.」のレンタルスペースを借りて「Mo:take」のケータリングサービスをお願いしてみてはいかがでしょうか。きっと参加者にとって、忘れられないひと時になるはずです。

黒木瑛子(くろき・えいこ)

東京の多摩地域に暮らすライター。都心育ちだけど都心の人混みはちょっぴり苦手。京王線ユーザーなので、渋谷駅よりも新宿駅派。でも「新宿のようで実は渋谷区!」なエリアの散歩は大好き。シブヤ散歩新聞では、「ほぼ新宿」な渋谷エリアの魅力を発掘予定。散歩をしていると、レトロな喫茶店、古い絵本や古道具の置かれた雑貨店など、「古き良き」な雰囲気のものに引き寄せられます。

ピックアップ記事

  1. SHIBUYA×CLOTHING No.2 元SEの女性がつくった、理想のブラジ…
  2. SHIBUYA×CLOTHING MOVIE No.6 コンセプトは、「友達に着…
  3. SHIBUYA×CLOTHING MOVIE No.5 メイドインジャパンを守り…
  4. SHIBUYA×CLOTHING No.3 フィリピン出身のデザイナーがつくる個…
  5. SHIBUYA×CLOTHING No.7 自分たちにしかできないものを作る グ…

関連記事

  1. main

    GOURMET

    渋谷カレー散歩 No.2 きっとあしたも頑張れる! 癒しのスパイシーチキンカレー

    「渋谷カレー散歩」といえば先月、カレー王子こと咖哩王子がスタートしたば…

  2. IMG_4927

    GOURMET

    渋谷ベジ散歩No.5 ヴィーガン + グルテンフリー + 発酵食 = 美腸!

    昨今「腸ってとっても大事な場所!」ということが、どんどん、どんどんわか…

  3. IMG_4790

    CULTURE

    シブヤ忍者散歩No.1 忍びの姿で、原宿の忍者スポットをめぐるの巻<前編>

    はじまりは、界外編集長からのメッセージでした。「あのさ、次のシ…

  4. IMG_20170519_154758

    CULTURE

    渋谷歴史散歩 No.8 猿楽古代住居跡公園

    場所が猿楽塚に近いこともあり、時代が前後してしまいますが、古墳の次は弥…

  5. M-aロゴ

    CULTURE

    ササハタハツ散歩 No.18 「幡ヶ谷ワンコインフェスタ」で「ここにしかない」味、人と出会う

    今回散歩するのは幡ヶ谷駅周辺。幡ヶ谷周辺でお店を経営する若手店主による…

  6. IMG_3574

    GOURMET

    知ってた?渋谷名物ハチ公ソース!

    ある地域のみで消費されている「地ソース」が全国各地に存在しています…

  1. DSC_1087

    GOURMET

    渋谷カレー散歩 No.4 TV出演多数!道玄坂にある 「カレー屋 パク森」
  2. IMG_0734

    CULTURE

    渋谷鉄道散歩No.3 複雑化する渋谷駅の「渋谷ダンジョン」を攻略する
  3. 1378172260

    CULTURE

    渋谷鉄道散歩No.2 東急線 春のダイヤ改正を追う
  4. 15492626_10154233748216267_6359097739670568311_n

    NIGHT

    淡路島の玉ねぎたっぷりのカレー食べ放題イベント
  5. IMG_4038

    CULTURE

    スタジオなんてミュージシャンだけのものだと思ってた!?
PAGE TOP